ABOUT

企業理念

八十年の歩み

創立80周年に際して

 この度、創立80年を迎えました事、誠に喜ばしく、又この日まで私どもを支えて下さりました各方面の関係各位、 そしてOBの諸氏には、心より厚く御礼と感謝を申し上げます。
創業からかぞえますと112年の月日が流れました。山あり、谷あり、一言では 表せない多くの人の歴史が詰まっています。

 振り返りますと、明治35年に高田幸治郎氏が個人創業、昭和9年には株式会社となり戦後、石井繁夫氏が社長として高田の復興に尽力され、 私で7代目の代表者となります。
その間、九州小倉と東京に営業所を置き、その後、東京営業所と紙製品部を別法人(東京高田・高田商事)にし、 当時高田グループとして100人を超える陣容になりました。
近年は、それぞれの法人に独立性が強まり、ほとんど資本関係もなく、加えてデジタル化も進み、 非常に少人数で経営しています。

 そんな長い歴史の中で、紙業界も大きく様変わりをしてきました。
最近の四半世紀では、メーカー・代理店の再編、デジタル化による需要動向の変化、 少子高齢化による消費経済の縮小等々、我々卸商にとっては、向い風が吹き続けています。
今、紙を売るだけでは生きていけません。 紙の良さを売る提案型セールス、もっと言えば、印刷業へ首を突っ込んだセールス等が求められています。

 現在、高田も良き人材を得ることが出来ました。社長のアドバイザーとなる信頼置けるNo2、若い頼もしい営業部長、平均年齢30代の活気あふれる営業・内勤社員が、 主力メンバーです。まだまだ厳しい環境下にありますが、役員・従業員一丸となって、まずは創立100年に向かって、そして未来永劫に高田が発展・繁栄することを願い、 全力で進んでまいります。今後とも、皆様のご指導・ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。

株式会社 高田
代表取締役社長 村井久容

歴代代表取締役

高田 幸治郎

高田 幸治郎(たかだこうじろう)

明治35年1月 高田幸治郎氏個人経営にて高田和洋紙店創業
昭和9年5月 資本金10万円で㈱高田洋紙店を設立
昭和20年3月 空襲により会社全焼 事実上休業状態になる
昭和20年4月 紙販売業は戦時統制により日本紙統制株式会社に
集中一本化され会社は完全休眠状態となる
昭和21年1月 集中排除法により持株会社の従属会所に指定され、
持株会社整理委員会の管理下におかれる
その後大同洋紙店より山崎貞次郎、高田純五郎氏が社長として
派遣されるもいずれも短期に終わる

石井 繁夫

石井 繁夫(いしいしげお)

昭和22年7月 持株会社整理委員会の承認の下に
石井繁夫氏社長に就任
戦後の復興に入る
昭和24年3月 集中排除法により株式の譲渡計画書
承認せられ非同族会社として再発足
昭和24年5月 資本金100万円に増資
昭和29年4月 小倉出張所開設
昭和31年7月 資本金400万円に増資
昭和33年12月 本社 新社屋竣工(東区農人橋)
昭和34年9月 東京営業所開設(東京都港区)
昭和36年3月 漏電により出火、本社倉庫全焼
昭和37年1月 資本金1500万円に増資
昭和37年6月 創業者・高田幸治郎氏逝去(82歳)
昭和38年6月 資本金2000万円に増資
昭和38年7月 社名変更「株式会社 高田」と改称
昭和39年3月 社是・社訓・社歌の制定
昭和39年7月 石井氏、大阪洋紙同業会・初代会長に就任
昭和41年4月 東京営業所、新宿区に新社屋建設、移転
昭和46年1月 資本金3000万円に増資
昭和46年4月 大阪紙文具流通センター開設
石井氏・初代理事長就任
東大阪営業所開設
同内に製品部及び倉庫を移転
昭和47年10月 社長 石井繁夫氏 紫綬褒章を受章
製品部を分離し、高田商事株式会社 設立発足
昭和49年5月 創立40周年
昭和50年1月 増資を重ね資本金4,800万とする
昭和50年4月 東京営業所を分離
株式会社東京高田を設立
石井氏が社長に就任
昭和57年5月 石井氏、勲五等双光旭日賞叙勲
6月に五団体共催で祝賀会を開催

木ノ下 宗一

木ノ下 宗一(きのしたそういち)

昭和58年12月 石井繁夫氏 会長に就任
木ノ下宗一氏 株式会社高田代表取締役に就任
塩田藤兵衛氏 株式会社東京高田代表取締役に就任
昭和59年4月 株式会社高田本社移転
東大阪長田(大阪紙文具流通センター)へ
昭和59年5月 株式会社高田 創立50周年
昭和61年12月 石井繁夫氏 相談役に就任
昭和62年12月 石井繁夫氏 相談役を辞任
昭和63年5月 木ノ下宗一氏 大阪洋紙同業会第5代理事長に就任

塩田 藤兵衛

塩田 藤兵衛(しおたとうべい)

平成元年4月 塩田藤兵衛氏 代表取締役専務に就任
平成2年8月 木ノ下宗一氏 代表取締役を辞任
取締役会長に就任
塩田藤兵衛氏 代表取締役社長に就任
平成4年3月 初めての社員海外研修旅行(香港・マカオ)その後、
3年に1度行われる(台湾・グアム等)
平成5年8月 東京高田の新社屋にて東西合同パーティーを開催
平成6年4月 資本金9,600万円に増資
平成6年8月 石井繁夫氏逝去(84歳)
千里会館にて東京高田・高田商事との合同社葬が執り行われる
平成9年6月 第一回東西合同ゴルプコンペ(ホロンC)
従業員持株会発足

村井 久容

村井 久容(むらいひさとし)

平成15年12月 塩田藤兵衛氏 取締役相談役に就任
村井久容氏 代表取締役社長に就任
平成16年9月 広瀬二郎氏国際紙パルプ商事より出向
同12月取締役に就任(4年間電子化に貢献)
その後、人員整理も進む
平成16年12月 塩田藤兵衛氏 取締役相談役を辞任
平成18年2月 村井社長 脳梗塞を患う
3ヶ月で現場復帰
平成18年9月 塩田藤兵衛氏 最高顧問に就任
平成20年7月 社員旅行(沖縄本島)
平成21年9月 国際紙パルプ商事より片岡久雄氏出向
同12月取締役に就任
平成23年7月 社員旅行(北海道)
平成23年12月 塩田藤兵衛氏 最高顧問を辞任
平成26年5月 創立80周年記念行事として、事務所の改装と社史の作成
新事務所でOBとの昼食会を開催
これを機にOB名簿の作成に入る
平成26年11月 村井社長 大阪洋紙同業会12代理事長に就任

アクセス

お問い合わせ

商品に関するご相談はコチラ

お問い合わせフォーム